クロユリ団地 (映画)

                 
クロユリ団地 スタンダード・エディション [DVD]クロユリ団地 スタンダード・エディション [DVD]
毒々しい色の花に囲まれたクロユリ団地。近隣の人々の間では「出る」と噂されるいわくつきのこの団地に、介護士を目指す二宮明日香が何も知らずに家族と共に越してきた。数日後、明日香は隣室に住むひとり暮らしの老人が孤独死しているのを発見。さらに、団地で出会った寂しげな少年・ミノルとの交流から、次々と不可解な出来事に巻き込まれてゆく。それは、彼女が味わう恐怖の幕開けに過ぎなかった…

2013年の日本映画。『リング』の中田秀夫監督によるホラー作品。

介護士を目指す若い女性主人公が家族と共に引っ越してきたクロユリ団地は曰くつきの団地だった。そこで出会ったミノルという少年との交流から不思議な出来事に巻き込まれていく。ミノルという少年は既に死んでいる存在で関わった人に取り憑いて死を招く元凶として設定されており、更に主人公の家族も実は過去に無くなっていて主人公の心の隙間がクロユリ団地とミノルに付け込まれていくという『仄暗い水の底から』と『リング』を足して2で割ったような話になっていた。

『仄暗い水の底から』に比べると一方的に子どもに引きずられていって何の救いもないバッドエンドに突入しているが、ヒューマンドラマとして弱く、設定はあるのに世界観や人物像に奥行きを演出しきれていない。『リング』に比べるとおどろおどろしい恐怖感がなく、ミノルが結局何をしたいのか見えてこない上に、終いにはミノルへの対策が霊媒師という捻りのない展開を見せられ、これは本当に中田秀夫がメガホンを取ったのかと呆れてしまった。

ただ、主人公がどうしたいのかは伝わってきた。全体的に中途半端でスカスカな構成は見ていて退屈だったが、主人公の抱える心の闇がミノルを惹きつけ、また作り出している部分もあるのではないかという意味で、メッセージ性は感じられたようには思う。

また、ミノルに取り憑かれて顔色が悪くなっていく過程を前田敦子が巧みに表現出来ているのは良かった。ホラー向きの顔芸が出来る女優としてこれからの活躍に期待したい。
                 

コメント

        

        
> > クロユリ団地 (映画)