世界から猫が消えたなら (小説 川村元気)

                 
世界から猫が消えたなら (小学館文庫)世界から猫が消えたなら (小学館文庫)
郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、「この世界から何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得る」という奇妙な取引を持ちかけてきた。僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計…僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化!

余命がわずかであることを宣告された郵便配達員として働く主人公の僕が目の前に突如現れた悪魔と世界から何かを消す代わりに一日だけ余命を伸ばすという取引をするというストーリー。

主人公の考えた世界から消しても良いものが悪魔によって実際に消されていくと日常の生活から趣がなくなり、どこか隙間が出来たような感覚に陥る。これと悪魔との軽快なやりとりを繰り返しながらやがて主人公は自分の死を受け入れられるようになり、元恋人や父親との関係の改善に繋がっていく。

何かを失うことを繰り返していき、やがてこの世界に消えて良いものなど何もないということを悟る。逆に今まで消してきたものと同様に自分という存在が消えることで誰かに何かを与えられるかもしれないと誰もがいずれは迎える死とそして別れへ肯定的なメッセージと勇気を与えており、だからこそ生きている時間は大切にしようと生の重要性が訴えられた賛歌に仕立てあげられていた。

ライトノベルのような軽いノリで詩的に綴られた本作は、薄いテーマ性を更に無理やり引き伸ばしたかのような印象で読者としてどうも居心地が悪い気分にさせたし、これが本屋大賞を取っている事実は自分にとって本屋大賞というものがあまり価値のないものと定義されてしまったが、ただ深みがないからこそ素直にメッセージを受け止められるし、世界に入り込んでいくことが出来るとも云える。行間や登場人物の言動の裏を過剰に読み解こうとしなくていいし、誰に対しても疑心暗鬼にならずに気を許して思いの丈をぶつけてもいい優しい世界が目指された本作に癒やしを得た人も多いことだろう。
                 

コメント

        

        
> > 世界から猫が消えたなら (小説 川村元気)