真田丸 第26回 瓜売 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160704 194313
秀吉(小日向文世)は、関白を秀次(新納慎也)に譲り、明を治めるために大陸に進軍すると言いだす。加藤清正(新井浩文)が朝鮮で苦戦する一方、肥前名護屋に集められた真田昌幸(草刈正雄)や徳川家康(内野聖陽)ら大名たちは、秀吉の発案で仮装大会に駆り出される。信繁(堺雅人)は、昌幸の出し物が秀吉と同じであることを知り大慌てする。そのとき信州上田城では、とり(草笛光子)が最期のときを迎えようとしていた。

息子の鶴松を失った秀吉は関白を秀次に譲り、明を攻めることを決める。とかく晩年の秀吉については耄碌や気が触れたというイメージを抱きがちであるが、三谷幸喜の視点で描写される秀吉は決して気が触れているわけではなく、天下を統一した後でも武将に仕事を与え、また疲弊させて良からぬ事を考えさせないためという思惑を孕み、天下人としての鋭さや政治力は健在であったとしている。

そして、それは乱世でなくなったことで自分たちの立場が失われてゆくのではないかという昌幸と真田家の不安に繋げられており、秀吉が主催した仮装大会では昌幸が見事な瓜売を演じることで真田ここにありと示そうとするが、秀吉と芸が被っていることを理由に、とうとう芸を披露することを許されなかったという、今までのダイジェストとして真田の無念が比喩的に表現されていた。

秀吉より良い芸を披露する自信があった者達の、その披露することさえ叶わなかった悔しさをコントのような喜劇調の中にしっかりと滲ませていて、様々な角度からの楽しみ方が出来、余韻のある作りになっているところは流石である。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第26回 瓜売 (ドラマ)