ひぐらしのなく頃に 第20話 「目明し編 其の伍 冷たい手」 (アニメ)

                 
higurashi20-3.jpg
…園崎家を“乗っ取った”詩音は、公由村長を呼び出し、悟史の失踪について問い質す。

悟史を「鬼隠し」にしたのはお魎の差し金だという村長の意見に、「真相」を確信する詩音。

惨劇のウラ側で、孤独な「鬼」による復讐劇が、いま、幕を開ける…。

悟史の件に関する真相を突き止め、仇を討つためというよりももはや己の中にある破壊衝動に従うままに暴走をする詩音。圭一に対して恋慕のようなものを抱いていた感情ももはや失くしているのかのようだった。詩音が公由村長を拷問にかけてわかったことは、悟史の失踪に関しては誰がやったのか分からないがおそらく村の人間ではないかということ、そしてそれは不文律で認められているということだった。恐らく悟史は死んでいるのではないかということで、多くの亡骸と共に地下へ捨てられている可能性が高いことを知ると詩音はますますの狂気に囚われて、次は古出梨花をターゲットにする。

とはいえ、梨花も御三家の当主であり、オヤシロ様の巫女というだけあってか、ただでは死なない。詩音に一矢報いようとする。少女の体のままでは結局かなわずに自ら命を絶つが、このシーンが綿流し編の冒頭になっている。初めてこのシーンを見た時は、梨花が誰かを殺しているところを魅音が狂った笑い声をあげながら見ているものだと思ったが、実際は詩音に殺されないように梨花が自殺していた。ただ、本当にそうなのかは分からないだろう。実は詩音が見ているものは幻覚で本当は梨花が詩音を殺しているところを魅音が見つめているのかもしれない。催涙スプレーや謎の液体が充填された注射器はそのことを示唆しているようにも受け取れるが……。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に 第20話 「目明し編 其の伍 冷たい手」 (アニメ)