ひぐらしのなく頃に 第21話 「目明し編 其の六 断罪」 (アニメ)

                 
higurashi21-1.jpg
…沙都子と梨花が「鬼隠し」にあった…
真相はもちろん鬼の仕業。

鬼の隠れ家「地下祭具殿」で繰り広げられる、血の饗宴。

必死に抵抗する沙都子は、同時に過去の自分と闘っていた。

しかし狂い出した歯車は、もう決して止まることはない。
ひとつの世界のからくりが明らかになり、そしてまた新たな謎が…。

目明し編ラスト。自分の中の鬼を抑えきれなくなった詩音はとうとう沙都子と圭一までを毒牙にかけ、自身も病室に戻る途中に転落死を遂げて目明し編が終わる。圭一が刺されるところは綿流し編でも描写されていたものだが、梨花と沙都子が命を絶たれるシーンはなかなかに凄惨で衝撃的なシーンになっていた。ただ、そのインパクトに頼りすぎていて結局のところ悟史はどうなったのかなどが謎のまま残されてしまっている。意図的なものなのだろうが、これは後のエピソードで明らかにされていくのだろうか。悟史の失踪はどうやら本当に村の人間が関わっているものではないようだ。

それと、綿流しで大きな謎であった、圭一の出会った時間にはすでにその人物は死んでいたものと推定されるという伏線がほとんど回収されていなかったのも気になった。このズレは要するにあくまでオヤシロ様の祟りという超常的なものが原因であるということを示唆していると受け取っていいのだろうか。ただ、今回の殺しはあくまで「鬼」の所業であって、オヤシロ様ではないので、オヤシロ様はやはり別にいるものなのだろう。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に 第21話 「目明し編 其の六 断罪」 (アニメ)