新テニスの王子様9巻

                 
新テニスの王子様 9 (ジャンプコミックス)新テニスの王子様 9 (ジャンプコミックス)

・跡部と仁王のペアは仁王が限界を迎えながらも越前リョーマにイリュージョンしたり、最後には跡部になりきって同調したりと色々見せ場を作って跡部ペアの勝ち。ただ、仁王はリハビリコースで、跡部を助けようとした樺地も合宿場から退場ということで、やはり一気にキャラが絞られている感じがある。仁王は良いキャラなだけに勿体無いし、樺地は一応ナンバーバッジ獲得しているから残酷な気もするが、今後の展開を考えるとやむを得ないのだろう。むしろ出番が無いまま落ちていく奴が出てくるかと思うとそっちの方が可哀想ではある。次期青学主将の海堂は大丈夫なんだろうか。

・次の試合は丸井ブン太と木手永四郎のダブルス。天才肌の丸井のプレーで当初は試合を優勢に進めていくが、途中で木手が裏切る。丸井の前からは敵が球をぶつけようとしてきて、それを避けても後ろから木手に狙い打たれて丸井がボコボコにされていくというまさかの1対3の展開は今までのテニスの王子様の中で一番笑わせてもらったかもしれない。ていうか、これ樺地より木手の方が落とされるべきではないのか。たぶん、勝っても神の手によって落とされちゃうんだろうなあ。そもそも勝てなさそうな気がするけど。根拠、地味だから。
                 

コメント

        

        
> > 新テニスの王子様9巻