新テニスの王子様10巻

                 
新テニスの王子様 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)新テニスの王子様 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)

・木手と丸井のダブルスは予想通り高校生ペアが勝つが、木手が試合前に交渉人と交渉していたように丸井も実は交渉していて最後には処刑人の弱点をついて破壊する。その甲斐あってか、丸井については処刑人のバッジを手に入れた模様。でも、交渉人、処刑人、丸井、木手の4人中で一番強かったのが処刑人だったと思うけど……。

・次の試合は鬼先輩と遠山。成長した遠山と鬼先輩の白熱した試合の中、鬼はコワモテだけど、実は心優しい青年だったというベタな設定で回想に入っていく。その鬼は高校1年の時に今のNo.1である平等院鳳凰と出会い、彼に勝っていた。鬼と初対面の時の平等院は今と違って老けてなかったので、鬼と対戦すると老化してしまうとかいう能力なんだろうか。要するに成長を促すということで平等院は促進され過ぎたということなのかもしれない。遠山がそうなったら面白そうだけど。遠山って西のルーキーとしてリョーマの一番のライバルになるというような感じで颯爽と現れた割にはその後は作者が持て余してしまったのかいまひとつパッとしないのでここらでいいところを見せて欲しいものです。
                 

コメント

        

        
> > 新テニスの王子様10巻