ひぐらしのなく頃に 第24話 「罪滅し編 其の参 34号文書」 (アニメ)

                 
higurashi24-2.jpg
…富竹が死に、鷹野が鬼隠しに遭う…
今年も起こるべくして起こってしまった連続怪死事件。

翌日、この世界で大石が呼び出したのは果たしてレナだった。

レナには思い当たる節があった…図書館で鷹野三四に会い、彼女の研究するオヤシロさま伝承を聞かされたこと。

それは奇妙にもレナの体験と一致する内容だった。
鷹野に“同志”と認められ、秘蔵のスクラップブックを託されたこと。
そしてそこに書かれた、恐るべき「陰謀」のこと…。

人を殺した後も何食わぬ顔で生活を続け、大石や警察たちを欺き続けるレナや圭一たち。すごいぞ、もう立派な雛見沢村の住人だ。そのレナであったが、鷹野から雛見沢に隠されたオヤシロ様に関する重大な秘密につながるヒントをもらう。そういえば鷹野って入江診療所の看護師だったのか。これはやっぱり入江先生も一枚噛んでいると見ていいのではないだろうか?

鷹野から渡されたヒントからレナは一つの結論にたどり着く。それはオヤシロ様の正体は寄生虫で、感染した人間は殺人衝動などに襲われるというものだった。ええええ、そんなオチありっすか? なんかこう、『リング』は面白かったのに『らせん』で急に話が壮大になり過ぎたことでホラーテイストが弱くなって盛り下がったような感じ。もう目に見えない感染病出されたらなんでもありじゃん……。ていうか、これだと各キャラクターの過去のコンプレックスとかドロドロした内面やもう一つの隠された顔とかもうどうでも良くなってこないか。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に 第24話 「罪滅し編 其の参 34号文書」 (アニメ)