真田丸 第28回 受難 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160718 121103
秀吉(小日向文世)に再び男子が生まれ、居場所を失った秀次(新納慎也)は関白の座を放棄し聚楽第から出奔、信繁(堺雅人)を頼って京の真田邸に身を寄せる。一方、信繁は秀吉から、大谷吉継(片岡愛之助)の娘・春(松岡茉優)との結婚を命じられる。秀吉の怒りを恐れた秀次は、信幸(大泉洋)を伴い高野山へ向かう。秀次の娘の運命を託された信繁は、命を救うため、堺の伝説の商人・呂宋助左衛門(松本幸四郎)のもとを訪れる。

秀次が出家して高野山に入り最終的に自害に及ぶのだが、それは秀吉の命によるものではなく、すれ違いの結果、秀次が思いつめて自発的に判断したものだという解釈のもとで描写されていた。文脈としては秀吉によるプレッシャーや秀吉の真意が分からないままに複雑な事情を抱える豊臣家の将来を託されたことへの責任や不安などから追いつめられていくということになるのだが、結局は北政所が云うように秀次の器は関白を務めるには分相応であったということなのだろう。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第28回 受難 (ドラマ)