真田丸 第31回 終焉 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160808 122936
秀吉(小日向文世)の死期が近づく。遺言状をめぐり対立する三成(山本耕史)と家康(内野聖陽)。寧(鈴木京香)は権力争いに心を痛める。一方、茶々(竹内結子)は、秀頼を秀吉に会わせようとしない。信繁(堺雅人)は茶々を説得して親子の対面を実現させようとするが…。そして三成は、昌幸(草刈正雄)に家康暗殺を依頼。出浦(寺島進)は単身、徳川屋敷に忍び込むが、そこには本多忠勝(藤岡弘、)が待ち構えていた!

秀吉がとうとう最期を迎える。この最期の時を迎えるまでに時間をたっぷり割いているのだが、個人的には今ひとつぱっとしない内容に感じたのでそのへんのズレが寂しい。秀吉が死んだ時にはむしろやっと死んでくれたと思ってしまい、それが逆にリアルな感情として三谷幸喜の狙い通りの演出だったとしたら流石である。

また、出浦が家康暗殺に失敗してしまうが、大きな障害となったのが徳川の側につく信幸であり、今後の暗示になっているのもこれまた三谷らしい。しかし、秀吉は結局三成に家康を殺せと命じるのならもっと早く自分で何とかしておけよと思うのだが、秀吉が出来なかったことを三成如きが成し遂げようと言うのだから土台無理な話であったということなのかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第31回 終焉 (ドラマ)