ひとりかくれんぼ 劇場版 ‐真・都市伝説‐ (映画)

                 
ひとりかくれんぼ 劇場版 ‐真・都市伝説‐ [DVD]ひとりかくれんぼ 劇場版 ‐真・都市伝説‐ [DVD]
高校の映画部に所属する倉田さくら(野中美郷)と塚本康介(鮎川太陽)は、映画部の活動として「ひとりかくれんぼ」という都市伝説の降霊術を題材に映画を撮ろうと部員を集めた。この擬似恐怖体験をホラー映画にして、コンクール入賞を狙おうと意気揚々としていたのだ。映画部副顧問の陽子先生(田中涼子)を何とか口説き、深夜の学校内の撮影に挑んだ映画部の5名。その夜、校内で始めた「ひとりかくれんぼ」の儀式が壮絶な展開を撒き起こす事に……。

2012年の日本映画。ホラー。

すごい映像を撮りたくてどうしようもない映画部の高校生たちが深夜の学校でひとりかくれんぼの都市伝説を試してみるという内容で、ひとりかくれんぼというのはかくれんぼというよりは降霊術とかおまじないの類のものなのだが、やがて何かが降りてきたのか登場人物が次々と犠牲になっていく。その何かが最後までさっぱりと分からない上に、映像も変にドキュメンタリータッチに仕上げようとしたせいか粗いもので、展開がやたら弛緩していてテンポが悪いのも手伝って、観ているのが辛い。肝試し的なムービーだが、たぶん本当に肝試しをやって何もありませんでしたというドキュメンタリーにした方が面白かったと思う。
                 

コメント

        

        
> > ひとりかくれんぼ 劇場版 ‐真・都市伝説‐ (映画)