真田丸 第32回 応酬 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160815 125208
上杉景勝(遠藤憲一)、宇喜多秀家(高橋和也)など有力大名たちによる政権運営が始まる。家康(内野聖陽)と三成(山本耕史)は、お互いに宴を開いては、自分の陣営の大名を増やそうと躍起になる。加藤清正(新井浩文)や伊達政宗(長谷川朝晴)も徳川に傾き、次第に三成の形勢は不利に。信繁(堺雅人)や大谷吉継(片岡愛之助)がいさめるのも聞かず、三成はある行動を起こす。

家康と三成がそれぞれ競うように宴を開いて、自分の側に大名を取り込もうと躍起になる。だが、三成の宴は寂しいもので、それというのも大名を宴に誘っても肝心の三成が中座してしまったり堅苦しかったりで趣きがないというのもあり、宴を通して三成という人間そのものがとことん不器用で人望のないことを改めて映している。

秀吉にあった人たらしの能力が致命的に欠けている三成は常に家康の後手を踏むことになるが、それでも景勝などが評定の場で家康に対して尻込みしてしまう中で三成だけが堂々と異議を申し立ててみせるところなどはなるほどこの雰囲気の中で家康とやり合うには三成ぐらい空気を読まない男でないと無理だったのかもしれないなと思わせ、無粋さと同時に天下を争うことのできる男の器というものが演出されていたように感じた。思えば三成は秀吉に対しても切腹覚悟でそうであった時が描かれていた。それだけ豊臣家に対する忠義が厚いということなのだろうが、悲しいかな、幾多の修羅場をかいくぐってきた多くの大名や武将の目は三成よりも家康の方が遥かに優れているという冷徹な評価を下しており、秀吉が没した今、自らの命運を三成に託すことの不安が漏れだして視聴者にも伝わってくるようであった。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第32回 応酬 (ドラマ)