ひきこさんの惨劇 (映画)

                 
ひきこさんの惨劇 [DVD]ひきこさんの惨劇 [DVD]
ネットアイドルの稲見千恵がメインレポーターを務めるインターネット番組「怪怪ちゃんねる」。視聴者から投稿された心霊現象を検証していく番組なのだが、ほとんどはやらせ。番組プロデューサー以下、スタッフでネタをねつ造する日々。ある日番組宛に、捕まった者は死ぬまで引きずられるという“ひきこさん”に関する情報が入る。さっそく目撃場所へ向かうスタッフ。いつものように軽い気持ちで取材を行う一同だったが、ある殺人事件をきっかけに謎の怪奇現象が続発。これ以上“ひきこさん”に関わるのはやめようと主張する千恵を尻目に、プロデューサーはさらなるアクセス数上昇を目論み取材を続行。そして1人、また1人と殺されていく……。

2013年の日本映画。ホラー。

ネットアイドルの主人公は、出演しているインターネットのオカルト番組の企画で視聴者から投稿されたひきこさんの都市伝説を検証することになる。普段はやらせばかりで構成されているこの番組だったが、ひきこさんを追っていく過程で次々と怪奇現象に見舞われてしまう。

というセミドキュメンタリーもので、作中のカメラを通した映像として最後にひきこさんに引きずられていくところはちょっと目を引いたが、それ以外は特に見るところのない作品だった。ラストを含めてこれも全部演出だったとか、誰かがひきこさんを装って殺していたとか、どろどろの人間ドラマを描くとか何らかの捻りや奥行きが欲しかったところではある。

実際に自分の番組でこういう衝撃的なことが起こると深追いしたくなるし、注目を集めるために利用するものであろうが、その空気を読まずにひきこさんに関わることをやめようと主張する主人公と、取材を続行する中でのこのことカメラの前に現れるひきこさん、それぞれが己の置かれたポジションで本当は何を狙っていたのかを考えてみると少しだけ余韻が味わえそうではあった。
                 

コメント

        

        
> > ひきこさんの惨劇 (映画)