ひぐらしのなく頃に解 第6話 皆殺し編 其の壱  「迷路の法則」 (アニメ)

                 
minagoroshi01-1.jpg
『この世界にはいくつかの法則がある…』

繰り返される惨劇の謎。
それを解き明かす鍵となるのは、三つの法則。
――再び昭和五十八年、六月の中旬。
神社境内裏の窪みで、ふいに目を覚ました梨花。
惨劇を回避する為に残された時間はわずか2週間という絶望的な状況。
今度こそこの迷宮を脱出できるのか?

新しく皆殺し編が始まる。穏当ではないタイトルだが、其の壱である今回の内容は穏当で希望を持って前進を始めていた。梨花はやはり死んだ後も記憶を持ったまま時間を戻して何回も大体同じ人生を繰り返しているようだ。ただ、梨花の他の登場人物も記憶がないだけで人生を繰り返しているようで、梨花は運命を変えるために圭一に探りをいれる。すると、圭一は記憶が戻らないものの、運命を変えるためのアクションを起こし始める。

なお、それぞれの世界では差異こそあれ、全く変わらない三つの法則があるという。それは富竹と鷹野の死、そして梨花が殺されるという事実で、これらが不変なのは何らかの強い意志や力が及んでいるのではないか梨花は考えているようだ。百年近くもこの同じ時間を生きていて何度も殺されたのに、自分では覚悟を持って何も変えられず、真実に全く近づけない梨花の無力さにがっかりさせられるが、それだけ絶望していて諦めの境地にいたということなのだろうか。むしろ、何度も殺されることで、誰よりも臆病になってしまっているのかもしれないが。または肉体が幼くても精神はもうとっくに擦り切れていて、それこそ好奇心がなくなってしまっているとか。ただ、詩音やレナが狂ってしまった時に立ち向かった梨花を我々は知っている。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に解 第6話 皆殺し編 其の壱  「迷路の法則」 (アニメ)