心霊病棟 ささやく死体 (映画)

                 
心霊病棟 ささやく死体 [DVD]心霊病棟 ささやく死体 [DVD]
新人ナース・美山可奈(芳賀優里亜)は、院内を巡回中に霊安室に安置されている遺体の「…た…す…け…て…」という声を聞いてしまう。精神科の主治医・桂川頼子(英 由佳)から、病棟で起きた殺人事件の被害者・矢野瑞希の遺体であったことを聞かされる。いまだ犯人は捕まってないという。廊下で見た警備員の幽霊、無表情な看護婦たち、ロビーで聞いた不気味な笑い声。矢野瑞希の隣室にいた車椅子の少女・アリサ(谷内里早)はこの殺人事件の秘密を知っているかのように見える。そんなある日、女医・頼子の机の引き出しから、白いタオルに包まれた血まみれの電気メスを発見してしまう。病棟を覆いつくす得体の知れない暗い闇。そして、この暗い闇の奥深くへ飲み込まれていく可奈。一体この闇の正体とは……。

2011年日本映画。

看護師の主人公が巡回中に霊安室の遺体が何かを喋っているのを聞いてしまい、精神科の医師に相談してみるがまともに取り合ってもらえない。どうやら病院で起きた殺人事件の被害者の遺体で犯人はまだ見つかってないとのことで、これはおかしいのではない、もしかしたら重大な医療ミスでも隠されているのではないかと視聴者に対して思わせぶりにしながら主人公が調べてみると、周りの人物は皆既に死んでおり、そしてそれは看護師だと思い込んでいた精神病患者の自分が殺していて、実は自分も死んでいたというオチの作品。

オチだけが見どころの単調な作品で、患者から医療従事者への暴力などの社会問題を絡めてあるわけでもなく、風刺になっていなかったのが残念。あえていうならば、死してなお主人公の面倒を見てやる精神科医の姿が示唆的ではあっただろうか。題材は面白いだけにこの出来なのが惜しい。
                 

コメント

        

        
> > 心霊病棟 ささやく死体 (映画)