真田丸 第33回 動乱 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160823 144407
秀吉の遺言をことごとく無視し、自らの影響力を強めていく家康(内野聖陽)。三成(山本耕史)は家康を討つため伏見城下の徳川屋敷を急襲することを決意するが、暗殺計画は本多正信(近藤正臣)に漏れてしまう。正信は諸大名に危機を訴え屋敷の守備に駆けつけるよう呼びかけ、徳川につくかどうかを試す。一気に形勢不利となった三成を救うため、信繁(堺雅人)は、昌幸(草刈正雄)のもとを訪ね、思いもよらぬ提案を行う。

今回も三成の不器用さや人付き合いの下手なところをこれでもかと見せられる。家康との対立を深めていく三成に味方をする者はわずかで、皆が家康の側についてしまう。中でも寧までが豊臣家と太平の世を守るためにと家康の側についてしまうところは、己を理解してもらえない三成という人間の不憫さと不遇をよく表していたように思う。で、あるからこそ今度こそ俺に任せろと立ち上がる上杉景勝の姿が感動的に演出されるのだが、全体的に前回からワンパターンであり、大谷吉継の忠告を聞き入れず、徳川を中心とした体制で天下泰平の世を守っていくのをあくまで拒む三成の姿が視聴者の目にまで未だに秀吉の死を受け入れられていない幼稚なものに映り、辟易させられてしまう。

もう完全に独りよがりであるし、周りからもそう見られているのだから、そこで開き直って己の中の野心を外に出してみせればよいのにそれが出来ない三成のつまらなさが画面を通して伝わってくるのが、本人が本気で義のためにと思っているだけに余計に痛々しい。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第33回 動乱 (ドラマ)