ラブライブ!サンシャイン!! 第9話「未熟DREAMER」 (アニメ)

                 
ss09a.png
東京での出来事を乗り越えて、もう一度走り始めた千歌たち。自分たちが今できる全力を見てもらうしかない、と、沼津の花火大会からの出演のオファーを受けることに決める。
ダイヤから、学校を休学している3年生の松浦果南が、過去にダイヤ、鞠莉とともにスクールアイドルとして活動していたことを明かされた千歌。
自分が知る果南は、一度失敗をした位で諦めてしまうはずがない、と、果南がスクールアイドルを辞めてしまった本当の理由を調べ始める――。

果南たち3年生トリオは過去にスクールアイドルとして活動していた過去があった。だが、東京にライブに行った際、果南が怪我した鞠莉を気遣ってわざと歌わなかったり、更には鞠莉の留学を後押しするために結局はアイドルを辞めたりと不器用で生真面目な果南らしいやりとりを中心に淡い友情物語が綴られる。果南と鞠莉の結びつきが強すぎて、ダイヤが弾かれていたようでもあったけど、ダイヤにはルビィがいるからいいのかな。この3人の間の距離感をごまかせなくて、視聴者的にも少し居心地の悪さを感じたが、それがまた「友情」というもののリアリティであるといえるのかもしれない。それにしても3年生に矢澤にこがいない寂しさよ。
                 

コメント

        

        
> > ラブライブ!サンシャイン!! 第9話「未熟DREAMER」 (アニメ)