真田丸 第35回 犬伏 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160905 152626
上杉攻めのための徳川軍に従っていた真田家に大坂で三成(山本耕史)や刑部(片岡愛之助)が打倒家康(内野聖陽)のために挙兵したという報(しら)せがもたらされる。どちらに味方すべきか、信繁(堺雅人)、信幸(大泉洋)、昌幸(草刈正雄)の三人は下野国・犬伏(いぬぶし)の地で白熱した議論を戦わせる。一方、きり(長澤まさみ)は三成らの人質となっていた玉(橋本マナミ)を救出に向かう。そして、三人が下した結論とは?

真田親子三人が徳川と豊臣にそれぞれ分かれて、どちらが勝っても真田が存続出来るように双方へベットするという犬伏の別れが描かれる。

本作ではこのベットを信幸の発案として描いており、それが今まで信繁の才気に押されていたお兄ちゃん信幸がコンプレックスをバネにして昌幸を見返し信繁の一歩先を行くまでになった歴史の勝者としての能力の高さを三谷が讃えているようでもあり、あるいは別のシーンで徳川に調略される小早川秀秋と信幸を重ねていて、なんとも狡い提案をする奴だという怒りや嘲笑が向けられているようでもあり、そしてその案を呑むしかない時代に取り残された真田昌幸という存在の哀れさが命を賭して徳川に挑む覚悟の石田三成と大谷吉継の二人の関係と対照的に描写されているようでもあった。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第35回 犬伏 (ドラマ)