ひぐらしのなく頃に解 第11話 皆殺し編 其の六  「強い意志」 (アニメ)

                 
minagoroshi06-4.jpg
圭一たち部活メンバー、さらに雛見沢住民全体の力によって、沙都子を巡る痛ましい運命は見事回避された。
そして、訪れる綿流しの祭り。
梨花はこの先に待ち受ける次なる惨劇を避けるため、富竹と鷹野に精一杯の警告を発する。
一方、雛見沢を巻き込む陰謀がその裏で動き始めていた…。

沙都子を救うことには成功するものの、富竹の死は回避されない。そして実は山狗を操り、梨花とそして雛見沢村の人々の命を狙う「強い意志」の正体は鷹野であったことが判明する。

100年かかって梨花が辿り着いた真相、それが鷹野の終末作戦ということになりそうだが、人生を何度も繰り返し、わずかな差異からファクトをつぶしていってようやく明らかになる黒幕の正体が鷹野という案外に淡白な結果は、同じ時間を繰り返して幾度と無く死を体験してきた梨花がそれほどの諦念を抱いていたということを改めて表しており、また人生というものを一度や二度ぐらいやり直してみてもそれほど劇的な効果はないというテーマもありそうで、なかなか示唆に富んでいた。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に解 第11話 皆殺し編 其の六  「強い意志」 (アニメ)