山賊の娘ローニャ 第26話 「春の叫び<終>」 (アニメ)

                 
全画面キャプチャ 20160918 100719
「けだもの試合」の決着がつき、いつもの山賊暮らしが戻ってきた。石の広間には山賊たちの笑いがあふれ、騒がしく賑やかな光景は幸せに満ちていた。しかし、ローニャはすっかり弱ってベッドに横になったままのペールのことが心配でならなかった…

・山賊の娘ローニャ最終回。

・けだもの試合を経て、マッティスをボスに二つの山賊団を合併させて生まれた一つの強い山賊団。だけど、ビルクは山賊稼業を継がない意思を表明しており、ビルクと仲良しのローニャもそれに賛同。マッティスの代で山賊が終わるということを、終わらせるべきだという価値観までを含んで示唆される。

・スカッレ・ペールの老衰。受容出来ず、ひどく哀しむマッティス。かつてマッティスにもローニャのように子どもの頃があり、ペールにも若い頃があった。当たり前のことのようで、実際に映像として提示されてようやく実感できる部分もある。人の持つ他人への想像力なんてそんなものなのかもしれないと考えさせられた。

・春。ペールが死のうとも何が起きようとも春はかならず訪れる。マッティスは以前よりもはりきって山賊稼業に勤しむ。だが、その陰で泣く人間のことには触れられず、ビルクとローニャも二人きりの生活を楽しむために、再び砦から出てフィナーレ。

・このアニメがスタートする前、1話30分のTVアニメなら宮崎吾朗のポテンシャルに期待してみてもいいのではないかと思っていた自分が情けなくなってしまうような出来だったが、セルルック3DCGの違和感と稚拙なプロットの組み合わせは単なるクソアニメで片付けてしまうには惜しい独特の趣を醸していたところだけは評価したい。子ども向けのアニメとのことだが、むしろ忍耐強さに自信のある大人が鑑賞に臨んだ時に何かの発見が期待出来そうな修行アニメのように感じた。
                 

コメント

        

        
> > 山賊の娘ローニャ 第26話 「春の叫び<終>」 (アニメ)