ひぐらしのなく頃に解 第14話 祭囃し編 其の壱  「三四」 (アニメ)

                 
matsuribayashi01-1.jpg
昭和五十八年の雛見沢を巡る運命。
それは幼き日の鷹野三四と、雛見沢症候群の研究者・ 高野一二三との因縁からすべてが始まった。
終戦間もない昭和二十年代。
田無美代子は両親の突然の事故死により、施設で地獄のような生活を強 いられていた。
その状況から逃れるため、美代子は友人達と施設脱走を計画するが…。

今回の話から祭り囃し編に入り、雛見沢村における怪死事件や大災害(大虐殺)の首謀者である鷹野の生い立ちが明かされていく。幼い頃に両親を亡くした鷹野は施設に入れられるが、そこでは虐待が日常的に行われる地獄のような生活が待ち構えていたというもので、あれだけの狂気に取り憑かれるのにはやはりそれなりのバックグラウンドがあるのだ、とベタではあるが説得力を持たせようとしている。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に解 第14話 祭囃し編 其の壱  「三四」 (アニメ)