真田丸 第37回 信之 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160920 65827
関ヶ原での西軍敗北により徳川に降伏した信繁(堺雅人)と昌幸(草刈正雄)。信幸(大泉洋)と忠勝(藤岡弘、)による、家康(内野聖陽)への必死の助命嘆願により、高野山への流罪と決まる。しかし、その代わりに家康が信幸に命じたのは厳しい条件であった。一方、大阪に立ち寄った信繁は、三成(山本耕史)と形部(片岡愛之助)の最期について知ることになる。そして高野山に向かった信繁たち一行を待ち構えていたのは…。

関が原で西軍は敗北するが、自分は徳川に勝ったと言い張り抵抗の姿勢を見せる昌幸、しかし最後には徳川に降伏することとなる。家康は当初、昌幸と信繁には死罪が当然と考えるが、信幸と忠勝の助命嘆願により高野山への流罪と決まる。この助命嘆願自体はそれほどドラマチックではなく、真剣ながらもほどほどにやっており、それが人伝になると大げさになるところが真田家に纏わる伝承まで含めたところに風刺を効かせているようであった。

ともあれ、昌幸と信繁の命は助けるという犬伏の時に交わした約束を見事果たした信幸。だが、家康からは父子の縁を切れと命じられ、昌幸から受け継いだという名前の幸の字を捨てることになり、信幸は信之と名を改める。呼び方を変えないところに意地を見せたとしていて、なるほどこれが逆に信繁の幸村という名前にもかかってきそうなエピソードでなんとも興味深いのだが、全体的には淡々としてキレがなく、マンネリズムを脱することが出来ていないのは、もう昌幸の心を躍らせるような乱世は訪れないということを表しているのかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第37回 信之 (ドラマ)