ドラゴンクエスト10プレイ日記 冒険の書06 黒のキーエンブレム

                 




雑魚狩りがほとんどを占めるドラクエ10にもストーリーがあったことを思い出したので、グレン城の黒のキーエンブレムクエをこなしてきました。キーエンブレムとは何でしょう? 僕はストーリーをもう覚えてないので詳しいことはよくわからないのですが、これを集めると人間に戻れるらしいです。

黒キークエは推奨レベルが20~30ぐらいの難易度のようなので、レベル34の自分はそれほど苦労しないはずと思っていましたが、妖剣士オーレンのいるベコン渓谷の方に向かう途中で少し迷ってメザルロックに殺されるハプニングに遭いました。メガザルなら怖くないと思いましたが、甘かったです。通常の攻撃一発で200ぐらい食らいました(こちらのHPは100ちょっと)。
気を取り直して再び目的地までマラソン。目的のボスである妖剣士オーレンと水竜ギルギッシュを無事に撃破することが出来ました。

パーティ構成は戦士(自分)、戦士、武闘家、僧侶。
オーレンが縦方向の直線上に当たり判定の出る特殊技、水竜ギルギッシュが広範囲攻撃と、低難易度ながらも本格的で、ドラクエ10のボス戦というものの雰囲気を味わえました。

大規模アップデートが実施されるのは10月とのことなので、それまで週1ぐらいでゆっくりとキーエンブレムを集めていこうと思います。
                 

コメント

        

        
> > ドラゴンクエスト10プレイ日記 冒険の書06 黒のキーエンブレム