真田丸 第38回 昌幸 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160927 231206
紀州九度山村に幽閉となった昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)ら一行。昌幸は信之(大泉洋)を通じ何度も赦免を願い出るが、家康(内野聖陽)はそれを無視して着々と天下取りを進めていく。一方、一つ屋根の下で共に暮らすことになったきり(長澤まさみ)と春(松岡茉優)。信繁ときりの信濃での思い出話を聞き、春は思い悩む。やがて月日が経ち、死期を悟った昌幸は、ある夜信繁に、徳川と豊臣が将来激突した場合の策を授ける。

何もしなくて良い九度山での生活を満喫する信繁とは逆に昌幸は信濃に帰りたくて仕方がなく、事あるごとに家康に赦免を願うが、叶わないままその波乱の生涯を九度山の地で終える。最期に至っても信繁に徳川を打倒する策を与えたりと、乱世に自分の居場所を求め続けた男であった。見方によってはトラブルメーカーでしかないのだが、三谷幸喜が好きそうな世の中を掻き乱して面白くする存在としてそのキャラクターの魅力が遺憾なく発揮されていたのではないかと思う。

一方、太平の世を築き上げる家康が自分にとって邪魔となる清正を暗殺したり、秀頼が前途有望な若者だと知ると豊臣を潰してしまう事を考えるところは何とも対照的で、平和な世界というのは平凡であることを強制する社会であるというメッセージでもあるのかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第38回 昌幸 (ドラマ)