真田丸 第40回 幸村 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20161012 53555
九度山での生活を楽しんでいた信繁(堺雅人)のもとへ、宇喜多秀家の家臣だった明石全登(小林顕作)が訪ねてくる。大坂城で徳川家康(内野聖陽)を相手に戦ってもらいたいと信繁に懇願する。信繁は断るが、そこに現れたのは…。そして豊臣秀頼(中川大志)と茶々(竹内結子)が苦境に立たされていることを知った信繁に、きり(長澤まさみ)は…。大きな決断を迫られた信繁は、息子の大助(浦上晟周)を呼び、くじを引けと迫る。

豊臣側の将として一軍を率いて徳川と戦って欲しいと頼まれた信繁だったが、自分には大軍を率いた経験がないからと固辞する。しかし、きりに「あなた結局何もしてないじゃない」と発破をかけられると、今まで自分が関わってきた武将との様々な思い出が走馬灯のように駆け巡り、信繁は戦いの道に戻ることを決める。

大阪を追われた片桐の苦悩がどこか間が抜けていて「らしさ」を維持しているのを伏線に、大事なことだからそうすべきだと息子にクジを引かせて「幸村」を名乗るというこれまでの真田丸を凝縮したようなシーンへと繋げられている一方で、淀がどうしても凡庸にしか映らず、家康もすっかり年老いてしまっている中で、この戦いが幸村の命を賭けるに値するものなのか、視聴者に疑問を抱かせるようなものに仕立てられており、それは今後の幸村の姿で評価するべきなのか、それとも未来がどうであろうと今この段階できりの残酷さを断じてしまって良いものなのかと考えさせられた。

幸村には信繁として負け戦には参加をせず、村に残って家庭を守るという選択肢もあっただろう。そうさせない何かが信繁の中に秘められていたとしても、信繁を信之とは違う道に追い立てたのが映像的にはきりというのが、三谷幸喜の屈折した女性観のようなものが込められた含蓄のある表現になっている。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第40回 幸村 (ドラマ)