灼熱の卓球娘 第二球「譲れない場所」 (アニメ)

                 
syakunetu02.jpg
こよりは校内ランキング4位のムネムネとの試合を経て、部内随一のテクニックをもつ出雲ほくとや超攻撃型プレイヤーの天下ハナビといった、ランキング上位者との試合を次々に繰り広げる。こよりの実力が明らかになっていく中、あがりはこよりの台頭に当惑し、彼女に対してそっけない態度をとるようになってしまう……。

こよりが部内ランキング3位のほくとと同2位のハナビを破ってランク2位に上がり、エースであるあがりへの挑戦権を手に入れる。ほくとがテニスの王子様でいうところの手塚ゾーンやデータテニスみたいなことをやりだして超能力対決ものになりかけようかというタイミングで、急にトーンを抑えてバランスを取ろうとしていたが、試合シーンが尻すぼみなだけになってしまっているのが気にはなった。

ラケットを見ただけで相手の下着の柄まで言い当ててしまう程の分析力を持つほくとがムネムネ先輩を紐パン先輩、こよりを桃パンツ、あがりを白パンツなどと呼んでいるが、一方でビジュアルとしては全くパンチラの出てこないところにこのアニメらしい下ネタへのこだわりが出ている、のかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > 灼熱の卓球娘 第二球「譲れない場所」 (アニメ)