案山子 KAKASHI (映画)

                 
案山子~KAKASHI~ [DVD]案山子~KAKASHI~ [DVD]
行方不明となった兄・剛のアパートを調べていた吉川かおるは、高校時代の同級生・宮守泉が兄に出したラブレターを見つける。かおるは泉の実家がある山間の村に向かうが、泉の両親は泉は入院中だと言って会わせてくれない。その日、かおるは宮守家に泊めてもらうことになるが……。

2001年の日本と香港の映画。ホラー。

伊藤潤一の漫画のいくつかのエピソードからインスパイアしたという作品で、行方不明となった兄の消息を追う妹が辿り着いた田舎の村で遭遇する案山子に纏わる奇妙な風習がキーとして描かれている。生と死の間にある案山子の状態から完全な人間として蘇生される兄の恋人だったが、外見は人間であっても中身は自分と同じ案山子の状態に人を誘おうとする狂人的で死神的な存在であったというプロットになっており、最後は兄も「案山子」になってしまい、その兄が自分を呼ぶ声に応じて村から逃げ出すことに成功した妹も再び村に戻って案山子になることを選択する。

和風ゾンビホラーにメロドラマを混ぜたようなテイストの作品に仕立てられており、案山子や田舎の村という設定などはメタファーでもあるのだろうが、兄に対して執着する妹のバックグラウンドなどが全く描写されておらず、ちぐはぐで退屈な映像になってしまっていることが残念だった。原作となっている伊藤潤二の漫画でも登場人物の関係性はかなり省略されていて、行間や結末から滲み出る哲学を察するものなだけに、映像化は難しかったのかもしれない。しかし、それでもここまで希薄になってしまうものなのかと落胆させられた。
                 

コメント

        

        
> > 案山子 KAKASHI (映画)