ひぐらしのなく頃に解 第21話 祭囃し編 其の八  「48時間」 (アニメ)

                 
matsuribayashi08-3.jpg
運命の日、綿流し当日を告げる朝陽がまさに昇らんとする刻。勝利を確信した鷹野の元に突如、死後48時間を経た梨花の死体が発見されたという緊急連絡が入る。
女王感染者である梨花の死、にも関わらず雛見沢が平穏なのは何故か!?
大混乱に陥る鷹野、そして山狗部隊。しかしこれこそ部活メンバーの考えた秘策、そして大石の協力の証だったのだ。
プロの特殊部隊を相手にどこまで騙し通せるのか? 自らの人生をも賭した大石の一世一代の大芝居が、いま、幕を開ける…!

梨花が既に死んでいて48時間が経過していることを耳に入れるが、女王感染者が本当に死んでいるなら雛見沢村の住人たちが無事なわけがない、これは誰かの策略よと読み切るも動揺を隠せない鷹野。でも、富竹が裏切り者であることを把握し、入江も実はそうなのではないかと当たりを付けるところは流石である。ただ、梨花サイドにしろ鷹野サイドにしろどちらも話が出来すぎていたし、大石が所轄を丸め込む過程も描写されていないので、視聴者としてはただただキョトンとしてしまうばかりで置いてけぼりにされてしまう内容になっていた。

最後に富竹が山狗に囲まれて窮地に陥っていたが、富竹が毎回狙われるというその歴史の必然性とそれを齎す執念のようなものが何なのかもよく分からない。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に解 第21話 祭囃し編 其の八  「48時間」 (アニメ)