ソードアート・オンライン #5 圏内事件 (アニメ)

                 
sao0105.jpg
2024年4月。アスナは《SAO》屈指のギルド≪血盟騎士団≫の副団長として最前線に立ち、攻略は第五十九層まで進んでいた。
そんな折、モンスターが侵入できない町の中《圏内》でカインズという名の男性プレイヤーが死亡した。
目撃者の悲鳴に駆けつけたキリトとアスナが現場を調べたところ、デュエルによる《PK(プレイヤーキル)》は不可能な状況だった。
未知の《PK》技があるのではと危惧したアスナは、キリトとともに事件の調査に乗り出す。

アスナはトップギルドの副団長として攻略を仕切るようになっていて、キリトとは攻略会議の場で度々意見を衝突させていた。犠牲になるのがNPCとはいえ、MPK的な手法を平気で提案するなど、アスナの合理主義的な冷たさを伺わせながら、一方でそれに反対するキリトはこの世界からの脱出を第一に考えるアスナとは対照的にSAOの世界に愛着を深めてしまっており、攻略会議に参加するメンバーとしてはいささか頼りない一面を覗かせるシーンになっている。

今回のエピソードでは、トップギルドの副リーダーであるアスナと相変わらずソロで活動するキリト、かつて同じソロだったが現在は立場のまるで違う二人がかつてのように交流を深めながら、圏内である町中で起きた殺人事件の謎に挑む。

圏内(町中)では基本的に両者合意の上でのデュエルが成立した場合でないとPKが不可能であるはずなのに、殺人事件的なPKが発生した。何か抜け道があるのだろうかとキリトとアスナが調査に乗り出すサスペンス仕立てのプロットになっており、協力者として名乗り出てきたヨルコが何か重い問題を抱えているような様子であったのでこのキャラクターが怪しいのではないかと思わせるものの、最後にまさかの死亡でキリトやアスナと同様に視聴者も大いに混乱させられる。
                 

コメント

        

        
> > ソードアート・オンライン #5 圏内事件 (アニメ)