真田丸 第41回 入城 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20161018 22005
豊臣秀頼(中川大志)に味方することを決意した幸村(堺雅人)。しかし、ろう人たちが大坂城に集まっていることを知った家康(内野聖陽)は、九度山の見張りを増やすように命じる。幸村は、脱出のための策を練る。一方、信之(大泉洋)には家康からの出陣命令が届く。信之は、二人の息子の初陣にしようとするが、稲(吉田羊)から、ある提案がなされる。そして、大坂城に向かった幸村は、茶々(竹内結子)と運命の再会をする。

監視の目をかい潜って九度山を脱出し、大阪城へと入る幸村達。一方、信之は二人の息子のうち、どちらを嫡男とするかで悩んでいた。現状ではわずかに先んじて生まれてきたというだけしかポイントがないおこうの子と、武勇に優れた稲の子、信之はかつての自分と信繁の関係に重ねながら、優秀な弟が兄を補佐して欲しいという願いを込めて先に生まれた方を嫡男とすることを決める。だがその頃、幸村は徳川に一矢報いるために大阪に入っていたというのだからなかなか皮肉が効いてはいるのだが、ややマンネリ気味な展開が続いているか。

幸村がハッタリで自分を大きく見せようとするところは、何とも言えない哀愁と滑稽さを漂わせつつも、そうまでしても自分が主導権を握って徳川と戦うのだという強い決意の表れになっている。また、かつてサラリーマン的な身分として過ごした大阪に再び戻って来るに当たり、ブランクを誤魔化して面接試験をパスするために必要であったという現代を風刺するような演出にも映ってなかなか楽しめた。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第41回 入城 (ドラマ)