真田丸 第42回 味方 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20161024 185050
幸村(堺雅人)は、久しぶりに茶々(竹内結子)との再会を果たす。一方、家康(内野聖陽)は、幸村が大坂方に加わったことに大きな恐れを抱き、出陣を急ぐ。大坂城に集まった牢人たちの中には、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)らがいた。豊臣秀頼(中川大志)は幸村に総大将になってもらいたいと願っていたが、又兵衛や勝永らは激しく異議を唱える。そこで、幸村は一つの策を提案する。

秀頼に贔屓にされて総大将を担うことを依頼される幸村だったが、それを気に入らない後藤又兵衛と毛利勝永の反発によって会議は紛糾してしまう。それまでは凛々しく頼もしかった秀頼も又兵衛に気圧されてしまってはっきりとした決断が出来なくなり、仕方なく幸村は五人を大将に置き、その上に秀頼を総大将として据えるという提案をし、五人衆を発足させてその場を収める。一見主導権を握ったかのように見える幸村だったが、スムーズにいかない意思決定の結果、妥協案しか出せない現実に戦の難しさと会議で物事を決める事の良し悪しなどが演出されており、敗戦と豊臣滅亡の未来が示唆されているようにも映った。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第42回 味方 (ドラマ)