灼熱の卓球娘 第四球「タイクツな卓球」 (アニメ)

                 
全画面キャプチャ 20161025 52227
雀が原中学卓球部に誕生した二人のエース、こよりとあがり。校内ランキング上位を目まぐるしく入れ替えながら、お互いを更に高めあう二人の姿に勢いづく卓球部。そんな折、足の怪我で一時部活を離れていた部長・後手キルカが復帰することに。キルカは復帰早々、部員たちに自分との試合を申し渡す。

すっかり打ち解けたあがりとこより。だが、こよりはいまひとつ実力を発揮出来ないでいることが示唆され、あがりと勝ったり負けたりの試合を繰り返していた。そんな卓球部に部長が復帰してくる。部長ってムネムネ先輩じゃなかったのかと思いながら展開を見守っていると、この部長が重役出勤してくるだけあってお約束のように強い。戦法としてはトップスピンのあがりとは対照的に強烈なバックスピンをかけるカットマンで、ピンポン球が鉛のように重くなるのだとか。

団体戦のメンバー選出を兼ねた部長との対戦では次々に部員が負け、主要なメンバーもあがりとこよりを残して全滅してしまう。負けた部員には自分の趣味で猫耳を付けさせるというコスプレを強要していたハラスメント部長にこんなんじゃ全国なんて無理だよねと煽られ、闘志に火がついたあがりが次の対戦相手に名乗り出る。ところで、ほくとが看破しなかったけれど、部長のパンツは何パンツなんですか。この疑問が象徴しているようにちょっと画竜点睛を欠いている印象のエピソードではある。
                 

コメント

        

        
> > 灼熱の卓球娘 第四球「タイクツな卓球」 (アニメ)