ロンドンゾンビ紀行 (映画)

                 
ロンドンゾンビ紀行 [DVD]ロンドンゾンビ紀行 [DVD]
兄弟のテリーとアンディは、危機に直面していた!! 昨今の不況のために、祖父が入居している「ボウ・ベル」老人ホームが閉鎖されてしまうというニュースがこの事件の始まりだった。ホームが閉鎖されたら、祖父やその友人たちはどうなってしまうのか? この事態を打開するため、兄弟は銀行強盗を企むが銀行の外はなぜだかゾンビだらけに!? 兄弟は真っ先に祖父の安否を気遣うが、ちょうどその時、老人ホームにもゾンビの魔の手が忍び寄っていたのだった……。果たして兄弟は無事に祖父を助けることができるのか? ロンドンの下町を舞台にゾンビ退治大作戦が始まる!

2012年のイギリス映画。

祖父のいる老人ホームに食事を運ぶことを役割とする冴えない兄弟が老人ホーム閉鎖のニュースを耳にし、事態を打開するために銀行強盗を計画し決行する。金を手に入れた兄弟達はこれで何もかも変わるのかと希望と不安を胸に抱きながら外に出てみると、街はゾンビに支配されて変わり果てていた。

コメディ仕立てのゾンビもので、現役世代の若者達が容赦なくゾンビに食い殺されていくのとは対照的に施設の老人たちが巧みにゾンビの襲撃から身を躱し勇敢に交戦してみせる様が痛快に描かれている。スローな動きの老人に合わせて釣られるかのようにゾンビの動きもスローになっているのはトラディショナルなゾンビのスタイルであると同時にゾンビまでもが高齢者に対して配慮をしているという社会のあり方を皮肉っているようにも受け取れた。

様々な配慮の上にゾンビをなぎ倒して輝きを放ち続ける高齢者が、最後には自分たちのために銀行強盗という犯罪に手を染めた若者に対して陳腐な説教をするのではなく、その行為に理解を示し感謝の意として称揚することで初めて老人たちと若者の共闘の実現に繋がるというエンディングで締められているのはとても示唆的である。
                 

コメント

        

        
> > ロンドンゾンビ紀行 (映画)