真田丸 第43回 軍議 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20161101 180340
徳川軍が大坂城に迫る中、茶々(竹内結子)は幸村(堺雅人)と密かに会い、ある願い事をする。一方、秀頼(中川大志)の御前で五人衆を集めての軍議が開かれる。幸村だけは、家康(内野聖陽)のいる京へ攻め込むことを主張するが、みな反対する。次第に勝永(岡本健一)は幸村の意見を認めるようになるが、又兵衛(哀川翔)だけは籠城すべきだと猛反対し続ける。そして、ついに秀頼が決断をくだすときが訪れる…。

徳川方との戦いで籠城をするか、打って出て徳川を分断して勝ちに行く戦を仕掛ける幸村の案を採用するかで割れる五人衆。幸村は交渉や情熱などで何とか五人衆の意見をまとめあげて、秀頼にも自分の案を採択してもらうことに成功するものの、茶々の鶴の一声でちゃぶ台をひっくり返され、籠城して徳川と戦うことが決まってしまう。なんとも風刺が効いていて、世の中こんなもんだよなと思わせるが、その元凶が茶々とその周辺のいずれも「女性」や「母親」という記号に凝縮されているところは若干の悪意を感じさせた。

ただ、これも一つの三谷幸喜による仕掛けで、幸村の机上の空論よりは茶々の「浪人は信用できない」とする籠城案の方が現実的という解釈もありえると考れば、ロマンティシズムとは距離を置いて冷徹に現実を見据えられる女性や母の強さを演出しているとも云える。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第43回 軍議 (ドラマ)