真田丸 第44回 築城 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20161107 141203
幸村(堺雅人)は、大坂城の最大の弱点となる南側に出城を造ることを思いつく。しかし、同じことを考えている男がもう一人いた。さて、織田有楽斎(井上順)と大蔵卿局(峯村リエ)は、牢人衆を決して信じようとしない。豊臣家の態度に業を煮やした又兵衛(哀川翔)と勝永(岡本健一)は、大坂城を出ると言い出す。しかし、そのとき秀頼(中川大志)は…。一方、信之(大泉洋)の命を受けて松(木村佳乃)が大坂に向かっていた。

幸村の考え出す案は茶々や有楽斎、大蔵卿局などに阻まれ悉く変更を余儀なくされる。それでも、決まった方針のもとで最善を尽くし、なんとか戦に勝とうとする幸村はしかし、5人衆や大野治長、そして秀頼までを説得することが出来ても茶々や有楽斎を説得するまでには至らず、自分の中の100点満点の策ではなく、妥協の産物で戦わなければならないところが現実というものの難しや厳しさを映し出しており、また豊臣方のエクスキューズとしての伏線が張られているようでもあった。

有楽斎については恐らく徳川と内通しており、もうどう考えても徳川相手に勝てないであろう状況なのだが、真田丸(出城)が完成し、赤備えの武具がお披露目すると観ていて興奮してしまうのだから、我々も何とも残酷である。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第44回 築城 (ドラマ)