灼熱の卓球娘 第七球「全国校の実力」 (アニメ)

                 
灼熱の卓球娘7
練習試合当日、もず山中学卓球部部長の座敷童石榴に迎えられた雀が原中学の部員たち。そこでこよりは、ほくとの卓球店で出会った少女・二重丸くるりと再会する。彼女は“東のドライブマン”と謳われる選手だった。こよりはくるりから「卓球をする理由」を問われ、答えられずに動揺してしまう。そして先鋒・ハナビと蠍田幸子との試合が始まろうとしていた。

ほくとの店の手伝いをした報酬としてラケットのラバーを新しいものに張り替えて貰ったこよりが見事にスランプから脱出する。こよりの不調の原因についてはメンタル面の問題が大きく影響していると考えていたから、単純にラバーの摩耗や性能が原因だったということにされていたのは意外であったし、小首を傾けてしまう。もっとも、バイトを通して描かれた友愛の絆を深めるエピソードや新しいラバーによる心地よい打球音が気持ちで卓球をするこよりのポテンシャルを引き出すという説明などはこの部分の疑問に対してのフォローがなされていたようにも思えたが。

ストーリーとしては、今回からまた卓球の試合がメインに展開されるようになり、全国大会出場という実績を持つもず山中学との練習試合が行われる。ほくとの店に来ていたヤンデレが入っていそうなダークな雰囲気を纏う少女が東のドライブマンの異名を持つ二重丸であることが判明し、お約束のようにシングルス4でこよりとの対戦が組まれていた。大将のポジションにスポ根アニメの主人公的な情熱とメンタルの強さがあって頼りになりそうなあがりを配置していないことと、北と東のドライブ四天王同士の対決にならないことで終盤の盛り上がりに対して一抹の不安を抱く。

卓球の団体戦はシングルス2試合、ダブルス1試合、シングルス2試合の順で行い、先に3勝したチームの勝利というから、誰が勝つのかというよりも誰が負けるのかというのが気になるところではあるが、順当に考えればハナビとほくとが噛ませ犬役を担い、ムネムネとキルカのダブルス、あがりとこよりのシングルスで巻き返すという展開になるのだろう。実際、ハナビは負けていた。ただ、もず山の選手(蠍田)の個性とハナビの弱点がうまく繋げられており、それなりに深みのある試合が演出されていて楽しめる。
                 

コメント

        

        
> > 灼熱の卓球娘 第七球「全国校の実力」 (アニメ)