スノーホワイト (映画)

                 
スノーホワイト [Blu-ray]スノーホワイト [Blu-ray]
グリム童話「白雪姫」を元に戦士としての白雪姫を描いたアクションファンタジー。美しいプリンセス・スノーホワイトは継母である女王・ラヴェンナに父を殺され幽閉される。さらに、女王は彼女を殺そうとし…。

2012年のアメリカ映画。

白雪姫を題材に指輪物語風のファンタジーな世界観で以ってリファインされており、アクション満載のスペクタクル作品に仕立てられていた。ただ、映像からは予算がかけられた大作であることを窺わせたものの、ストーリーは単調でありがちな勧善懲悪でしかなく映像の迫力や麗しさに対して不釣り合いであるという印象を抱いてしまう。

継母である女王に命を狙われる白雪姫(スノーホワイト)が追っ手から逃げのびる内に様々な出会いを経て、最後には自ら大軍を率いて逆襲をするまでに話が盛り上がり、見事継母に乗っ取られた王国を取り戻してみせるという王道的なプロットは、白雪姫が口にする毒リンゴについてインパクトや新しい解釈を生み出せていないどディテールに対するこだわりが弱く、粗いものになっていた。

女王の永遠の若さと美への執着は、女性が気高く生きるためには男性を意識したものが求められる人間社会というものに対しての風刺が込められたメッセージを伴い、スノーホワイトが最後には打ち破って見せる。しかし、そもそもスノーホワイト自身が持つ女王を倒すための最大の武器として振り回された多くの人間を惹きつけて訴えかける要素が「美しさ」と「王族の血筋」しかなく、それが作品をスポイルしている一方で皮肉が効かせられていて狂気と寂しさを齎しているのは面白い。

スノーホワイトを取り囲む男性達が抱いた劣情を露わにはしなくとも、むっつりした感じで羨望の眼差しを彼女に向ける所が意図的に演出されているところは、虚しく描写された女性の存在へのフォローとして男性の性を対にされているのであろう。これはスノーホワイトの父である王が上辺に騙されて女王を見初めたことで殺されしまい、国が滅んだことにも繋げられていた。

七人の小人役を担うドワーフ達の粗野でいたずら好きな感じなキャラもセンスが良く、なかなか趣があったと思う。それだけに「人間」という存在に対しての味わいやドラマの厚みがもっと欲しかったところではある。
                 

コメント

        

        
> > スノーホワイト (映画)