名探偵コナン 戦慄の楽譜 (映画)

                 
名探偵コナン戦慄の楽譜劇場版 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア) [DVD]
ピアニストが主催する音楽アカデミーの出身者ばかりを狙う連続殺人事件が発生する。そんな中、コナンたちは世界的なアーティストが集まるコンサートに招かれる。主役は一人の天才女性歌手だったが、その歌手の命が狙われ…。

2008年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第12作。

音楽家がターゲットにされた事件の謎をコナンが追いかける。音痴だけど絶対音感を有しているというコナンの設定が活かされていたのはユニークで好奇心をそそるものがあったが、アーティストの芸術へのこだわりをテーマにしている割に作品へのこだわりはあまり感じさせない。プロットとしては、『時計じかけの摩天楼』や『天国へのカウントダウン』などを踏襲した無難なものにまとめられており、お約束のようにあちこちで爆発したりと既視感のある展開が待っている。

その中で、元太が犯人に狙われたソプラノ歌手の身代わりとなる格好で薬物入りのお茶を飲んで悶え苦しむシーンにはヒヤリとさせられるものの、ここで元太が死なないことが単なるご都合主義のフォローや配慮ではなく、事件の全貌を解き明かす鍵に繋げられるという仕掛けとして機能させているのにはオリジナリティと巧さを感じさせた。ただ、それ以外では踏み込みが足りないせいか、スリルやドラマとしての盛り上がりなどに欠け、既存の劇場版作品の焼き直しという印象は拭えない。
                 

コメント

        

        
> > 名探偵コナン 戦慄の楽譜 (映画)