真田丸 第46回 砲弾 (ドラマ)

                 
真田丸46
幸村(堺雅人)が築いた真田丸砦を攻めあぐねる家康(内野聖陽)は、幸村に10万石の領地を約束するなどさまざまな調略に乗り出す。有楽斎(井上順)らの強い勧めで秀頼(中川大志)は和睦を決意するが、幸村は有楽斎の言動には裏があるとあやしむ。幸村は、意を決して茶々(竹内結子)へのじか談判に挑む。一方、家康の陣にはイギリスから取り寄せた大砲が到着。運命の砲弾が、大坂城に向けて放たれる!

大阪城内が徳川と和睦するか否かで割れる。事あるごとに揉める大阪城内の様子は、もはや和睦しようがしまいが豊臣の行く末は暗いものになることが示唆されており、この期に及んで秀頼との平穏な生活を守れれば大阪城はどうなっても構わないという本音を吐露しながら母親としての一面を強調する茶々の姿は弱気ともとれ、この戦の行く末に対しての勘が働き、敗戦に怯えているようにも映った。

それらも含めて、自分が母親からの自立を促した秀頼が己の判断で和睦を決めると、それを覆すために秀頼の母親としての茶々の威光を借りて和睦に反対するなりふり構わない幸村の姿勢など全体的にぐだぐだとしたやりとりを、三谷幸喜の腕の見せどころと状況を二転三転させたり、キャラクターのカラーをこれまでとは趣向を少し変えたものにするなどして面白おかしく演出されている。

そして、一連の過程と、徳川が大砲を大阪城に撃ち込むことで幸村を信じて和睦を否定していた茶々も結局は和睦に転びそうであるというオチがうまく繋げられていて、幸村が茶々の権力を補強したことが裏目になってこれからの大阪城内が更なる泥沼に嵌っていくことまでを予感させた。

これを三谷幸喜が手ぐすねを引いて待っているわけだが、視聴者としてはそれが楽しみというよりも、それぐらいしか楽しむ要素がなくなってしまっていそうな出来であったことに不安を覚えてしまう。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第46回 砲弾 (ドラマ)