エルム街の悪夢2 フレディの復讐 (映画)

                 
エルム街の悪夢2エルム街の悪夢2/フレディの復讐&エルム街の悪夢3/惨劇の館 [Blu-ray]
ジェシーは引っ越してきて以来毎日のように、スクールバスの運転手が爪の男になって襲ってくるという悪夢にうなされていた。ある日、ジェシーは押し入れからその家の前の住人であるナンシーが書いた日記を発見し、彼女もまた自分と同じように、フレディという怪人に襲われる悪夢に悩まされ、そして戦ったことを知る。フレディは、ジェシーの体を乗っ取ろうと襲ってくる。

1985年のアメリカ映画。ホラー。

エルム街の悪夢』の続編で、前作の主人公であるナンシーが住んでいた家に引っ越してきたジェシーがかつてのナンシーのように悪夢にうなされていく。

本作の主人公は男性になっており、お色気シーンは存在するものの、それが女性のヌードに頼ったものではなく、男性のヌードを主張するもので構成されていて、男がフレディにスパンキングされるシーンなど、ゲイ映画と評されてしまうのも頷けるシュールな映像演出が存在していた。それを茶化すようでもなく、真剣にやっているからこそ、笑ってはいけないのだろうけれど、つい笑ってしまうのだが、メタ的にギャラリーである我々の属性や性的嗜好には様々なものがあるということを考えさせてくれる挑戦的でアイロニーな映像でもある。とはいえ、中年の男性が尻を叩かれて苦悶するシーンを、ああ、これサービスシーンのつもりで、あるいはアレゴリーを込めて作ったんだろうなと受け入れられる人はあまり多くないと思う。

スリラーとしては、フレディが主人公の身体を乗っ取って凶行に至るというプロットになっており、大勢の人の前で暴れまわるシーンはホラーというよりもコメディのようであった。前作に比べると夢と現実のリンクは希薄に映るが、ジェシーがフレディとしての一面を覗かせていくといった過程は、誰もが自身の内にフレディという凶悪な存在を抱えていることを示唆しており、最後には自身の恐怖心やコンプレックスなどを克服することでフレディに勝つジェシーの姿に哲学的なものを見出すことも出来る。
                 

コメント

        

        
> > エルム街の悪夢2 フレディの復讐 (映画)