名探偵コナン 漆黒の追跡者 (映画)

                 
名探偵コナン 漆黒の追跡者劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者 スタンダード・エディション [DVD]
東京、神奈川、静岡、長野で6件の連続殺人事件が発生。警察の捜査会議に参加したコナンは、そこで刑事に変装した黒ずくめの組織のメンバーを発見する。

2009年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第13作。

天国へのカウントダウン』以来に黒ずくめの組織が登場してコナン達と対決していく。プロットとしては、土台となる連続殺人事件があって、それに黒の組織が直接関わっているわけではないが、思惑があり様々な側面からアプローチをしているというもので、劇場版ではお馴染みの二段重ねの構成になっている。

コナンの正体を既に知っているベルモットの他、本作のゲストキャラであるアイリッシュが警察の捜査員の一員として潜入しており、彼に工藤新一の生存と工藤新一の正体がコナンであることを突き止められてしまうことで、コナンにとっては自分の正体がバレたのではないかと疑わせた『探偵たちの鎮魂歌』以上の危機を迎えることになる。

しかし、それだけに作中のクライマックスのシーンで、どんな奇跡が起きても正体がバレるか殺されてしまうかになるだろうという絶体絶命の窮地へと追い詰められたコナンを救出することになったのが、よりにもよってアイリッシュと同じ黒の組織に所属するジンのヘマというのは滑稽さと力技で無理やり締めたような違和感が存在していた。ジンがコナンの事を聞く前にアイリッシュを射殺してしまうのは、ここまでしか踏み込めないという劇場版の苦しい事情と同時に、平気で仲間を裏切って殺すような組織にハッピーな結末は訪れないという作品の強いメッセージが伝わってくるようであった。

気になる点として、そもそも公に工藤新一の名が出ることを伏せているコナンの配慮は、黒の組織へ工藤新一の生存が伝わったら蘭達に危険が及ぶ可能性があるからという理由だったはずだが、本作ではそんなことはおかまいなしに黒の組織のアイリッシュと蘭が平気でバトルを繰り広げているところが挙げられるだろうか。

また、散々アイリッシュに殴られるなどして痛めつけられ、極めつけはトラウマになるレベルで銃を撃たれ続けたコナンが、ラストにその憂さを晴らすかのようにジンの乗ったヘリにアタックを仕掛けて一泡吹かせる形で幕を閉じているのはカタルシスが得られる一方で、終わってみればジンがただの道化のような役回りでしかなかったのも一抹の寂しさを覚える。
                 

コメント

        

        
> > 名探偵コナン 漆黒の追跡者 (映画)