灼熱の卓球娘 第八球「ダブルス」 (アニメ)

                 
灼熱の卓球娘 第八球「ダブルス」
善戦虚しく蠍田に敗れたハナビ。ほくとは必勝の決意を胸に由良木ゆらとの試合に臨むが、もず山の実力は伊達ではなかった。雀が原部員の期待を一身に背負って、キルカとムネムネがダブルスに挑む。対する鐘梨まゆう&羽無公子ペアは絶妙なコンビネーションを見せる。しかしムネムネは、キルカの足の具合を気遣うあまり、本気を出せないでいた……。

シングルス2のほくとは一応善戦するものの開始5分で予定調和のように敗れ、残りの尺で今回のエピソードのメインであるキルカとムネムネのダブルスの試合が描かれる。試合は終盤までキルカの足の怪我を心配してプレーに集中出来ないムネムネがキルカの足を引っ張ってしまうという滑稽な展開になるものの、最後にはキルカを信用して吹っ切れたムネムネが調子を取り戻し、二人で一番になるという強い決意と絆の力が生み出すコンビネーションで勝利。このダブルスの動きがなかなか躍動感のあるもので観ていて楽しかった。
                 

コメント

        

        
> > 灼熱の卓球娘 第八球「ダブルス」 (アニメ)