真田丸 第47回 反撃 (ドラマ)

                 
真田丸47
茶々(竹内結子)は、幸村(堺雅人)の反対を押し切り、家康(内野聖陽)との和睦に傾く。和睦交渉での阿茶局(斉藤由貴)の寛大な態度に、きり(長澤まさみ)は大きな不安を感じる…。結局、大坂城の外堀を埋め、真田丸砦を破却することが決定してしまい、幸村は激しい衝撃を受ける。もはや戦うすべを失った又兵衛(哀川翔)や勝永(岡本健一)らの、豊臣家への怒りが頂点に達する…

徳川との和睦交渉で豊臣側は使者として常高院(初)を立てて阿茶局と対峙するが、論説でまるで歯が立たず、真田丸の取り壊しや堀の埋め立てといった相手の提案を丸呑みすることになってしまう。豊臣と徳川の人材や知略の差を示唆しているのだろうが、味方であるはずの大蔵卿局に足を引っ張られ、空気に流されるままに物事が決まってしまうステレオタイプな女性だけの空間を描写しながら割りとベタに徳川と豊臣の勝敗を分けた差を女性であったとして三谷幸喜は皮肉っている。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第47回 反撃 (ドラマ)