灼熱の卓球娘 第九球「私には届かない」 (アニメ)

                 
灼熱の卓球娘 第九球「私には届かない」
キルカとムネムネのダブルスの奮闘で、一勝をあげた雀が原。続く第四試合、もず山部長・石榴にあがりが挑む。自分も必ず勝利してこよりに繋げると意気込むあがりだったが、石榴の脅威の粘り強さの前に先制を許してしまう。焦燥感を募らせるあがりの瞳には、石榴の姿がまるで揺るがない巨木のように映っていた。

周囲の期待に応えて部を強くするために良かれと思ってやったことが、オーバーワークを強く結果となり、周りから人が離れていってしまった過去を持つもず山のエース、くるり。そんな不器用でマイペースだったくるりの練習に唯一ついてきたのが同級生の石榴で、くるりはそんな石榴のためなら何でもするとすっかり依存してしまう。如何にもなヤンデレキャラではあるものの、少し優しくされるとすぐに惚れてくっついていってしまいそうになるのは誰もが抱えている一面でもあるといえるのかもしれない。

くるりが心酔する石榴とあがりの対決は石榴の粘りに苦戦を強いられるものの、最後は得意とするループドライブからのバックハンドスマッシュが決まりだしてあがりの勝利。そして、いよいよこよりとくるりの対戦となるのだが、開幕からくるりが背は向け、何故かあがりのボールが台を逸れていってしまう手塚ファントムのような技を披露する。やり過ぎでしょ。
                 

コメント

        

        
> > 灼熱の卓球娘 第九球「私には届かない」 (アニメ)