真田丸 第48回 引鉄 (ドラマ)

                 
真田丸 第48回 引鉄
豊臣と徳川の和睦の後、真田丸は取り壊され、大坂城は堀も埋め立てられてしまった。幸村(堺雅人)は起死回生を狙い、家康(内野聖陽)をわなにかけるよう佐助(藤井隆)に命じる。佐助は、もし家康暗殺に成功したら夫婦になって欲しいときり(長澤まさみ)に告げ徳川の陣へ。家康との頭脳戦が展開する中、幸村は不思議な型の銃を手に入れる。一方幸村からの書状を読み、その真意を悟った信之(大泉洋)は、大坂へ向かうと言い出す

もはや家康を殺すしかないと佐助を使って暗殺を企てるが、家康に影武者を立てられ失敗するなど、一見冴え渡る策を立てるものの空回りしてしまう幸村の姿はなまじ威厳を持ち始めたこともあって、まるでかつての昌幸のような滑稽さを纏っており、この戦いの行く末がはっきりと示されていた。また、ドラマが最終回を迎える直前のまとめとして信之を始めとした真田家についての言及が改めてなされているが、敗者となる幸村の方こそが後世に名を残す名将として大河ドラマの主演となっているのだから皮肉ではある。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第48回 引鉄 (ドラマ)