真田丸 第49回 前夜 (ドラマ)

                 
真田丸 第49回 前夜
幸村(堺雅人)からの書状を読んだ信之(大泉洋)は、幸村が死を覚悟していると直感し大坂行きを決意する。一方、豊臣方と家康(内野聖陽)との最終決戦~大坂夏の陣~がいよいよ始まる。幸村は又兵衛(哀川翔)や勝永(岡本健一)とともに策を立てる。徳川軍をくいとめるのは道明寺。しかし、豊臣方の策はことごとく漏れていた…。ついに幸村は、春(松岡茉優)を城から出すことに。そして、きり(長澤まさみ)には最後の使命が…

夏の陣が始まると、劣勢の中で又兵衛などが次々と討ち死にを遂げる。ドラマチックな演出を用いず、淡々とした描写に終止しているのが死とはそういうものだという強いメッセージを放っており、最終回で恐らく幸村が壮絶な最期を遂げるのだろうが、その前にワンクッション置く形となっていた。生き延び続ける伊達政宗の器の大きさもメタファーとして機能していたし、また幸村ときりが最後の最後でようやく結ばれるのに対して「遅すぎる」ときりが叱っていたが、これもまた幸村であり、人の一生というものへの寓意が込められているようであった。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第49回 前夜 (ドラマ)