灼熱の卓球娘 第十一球「合宿」 (アニメ)

                 
灼熱の卓球娘 第十一球「合宿」 
もず山との練習試合を終え、合宿を行うことになった雀が原中学卓球部の面々。あがりは石榴との試合から自分の課題に気づき、どこか浮かない表情を浮かべていた。そして出発の朝、あがりたちの前に元雀が原卓球部員の月ノ輪紅真深が現れる。意味深な言葉を残して去っていく紅真深にもやもやが募るあがり。合宿では各々の課題を克服すべく練習を行うことになるが…。

もず山との練習試合を終えた雀が原中学卓球部は温泉合宿を行う。中心となるのはあがりで、自分の抱える課題に悩む様が描かれる。いつの間にか全国大会出場が目標ではなくて、全国大会で通用するプレーが目標となっていたので、もず山との試合を経て一段目標が高くなったことによるものなのだろうけれど、転校したきたこよりとは反対に雀が原中学から転校していった元部員という設定の新キャラが登場しており、もず山以上の全国大会出場への大きな壁となることが示唆されるなど、バトル系漫画ではお約束のインフレと、それに伴いもず山が既に用済みの過去の存在となってしまった事を感じさせるのが少し寂しい。あの変わってしまったくるりではもう戦いに張り合いが生まれなさそうではあったが……。

それにしてももうすぐ最終話だろうに、試合ではなく次の展開への伏線やトレーニングを悠長にやっていられるのは、既に2期の制作が決まっているからという風に捉えてよいのだろうか。
                 

コメント

        

        
> > 灼熱の卓球娘 第十一球「合宿」 (アニメ)