響け!ユーフォニアム2 第十三回 はるさきエピローグ (アニメ)

                 
はるさきエピローグ
3年生が引退し、新体制となった吹奏楽部は新しくスタートをきった。
しかし、久美子はひとりモヤモヤとしていて……。
それが何故なのかを考えるうちに、久美子は自身のある想いに気づく。

最終話。全国大会を終え、3年生が引退した吹奏楽部は優子を部長に据えて新たなスタートを切っていた。

エピローグは、あすかがいないことで空虚なものを感じていた久美子とあすかの交流をメインに描かれ、麗奈との関係性がメインではないことが意外ではあったものの、後輩の久美子にとって先輩のあすかはもう一人の自分であり、将来の自分であることを投影しているという哲学的な描写がなされていて、久美子の家庭の事情とあすかのそれを同時進行的にやったのは、二人のシンクロと受け継がれるユーフォニアムというポジションへの伏線であったことが分かる。

そこだけ見れば感動的にも捉えられるのだが、2期全体のドラマとして考えてみると、本当に深刻な部分に触れようとした時に、深くは踏み込まず、肝心なところできっちりとブレーキを踏んで見せるところが、配慮とリアリティのあるようでいて、どこか中途半端なものを感じさせ、綺麗なまとめ方は却って他人行儀のような余所余所しさを生み出していたし、久美子を他人のプライバシーに善意という好奇心の建前で首を突っ込ませる作りにも違和感を覚えるばかりだった。

最終話での演奏と共に回想を流すところもマンネリになっており、別れの時までの時間を大事にしたいはずの久美子の思いに矛盾しているかのような冗長さやもどかしさに寂莫としたものが漂う。
                 

コメント

        

        
> > 響け!ユーフォニアム2 第十三回 はるさきエピローグ (アニメ)