南鎌倉高校女子自転車部 第3話 女子自転車部、はじめます! (アニメ)

                 
第3話 女子自転車部、はじめます!
南鎌倉高校では必ず部に入らなければならないという規則があるため、部活の見学をして行く「ひろみ」達は保健室で一緒になった「神倉 冬音」と祖母で校長の「神倉 龍子」を訪問する。
そこで、昔存在したサイクリング部の話を聞き、自転車部を作ろうという提案をする「ひろみ」だったが……。

南鎌倉高校には生徒に部活動の加入を義務付けるという筆者の中学時代を思い出してしまいそうなぞっとする規約が存在し、そのためにひろみ達は様々な部活を見学するが、どれもしっくりこない。だが、冬音の祖母で高校の校長でもある神倉龍子のもとを訪れると、龍子が学生の頃の昔、この高校には自転車部があったことを知り、龍子の話に感銘を受けて自分たちが自転車を復活させることを決める。

昔にも自転車で遠出へ挑戦した青春があったことが綴られ、何とも淡く、ノスタルジックな雰囲気の中で温故知新とばかりにかつての若者で現在の老人と同じ青春に重なるようにひろみ達が走り出そうとする構図は、非常に感動的であったものの、一方でいい年した大人の視聴者が青春を謳歌する若者の姿を見てかつて我々が過ごしたであろう時間を反芻し続けるある種の気持ち悪さを皮肉っているようでもあった。
                 

コメント

        

        
> > 南鎌倉高校女子自転車部 第3話 女子自転車部、はじめます! (アニメ)