ソードアート・オンライン #25 世界の種子 (アニメ)

                 
ソードアート・オンライン #25 世界の種子
オベイロンと決着をつけた後、キリトはアスナと現実世界での再会を固く誓いあい、《ALO》からログアウトした。現実世界に戻るやいなや、明日奈が入院している病院へと急ぎ向かう和人。ところが、病院の入り口で和人を待っていたのは憎悪と痛みに顔を歪ませた須郷だった。復讐に駆られるまま、ナイフを手にした須郷は和人に襲いかかる。現実世界で初めて直面する命の危機に、和人は為す術もなく体を丸め……。

最終話。ゲームをクリアしてリアルで体を触れ合わせることが叶うキリトとアスナ。アスナのもとに向かう途中で、須郷に殺されかけるキリトだったが、さすがにキリトの方はリアルで殺人を犯す勇気はなかったか。このあたり、ゲームと現実の区別がついていないのはゲーマーである若者よりも社会的地位の高い大人であるという風刺が込められているのかもしれない。

最後は意識が戻ったSAOのメンバーでオフ会を開いて大団円を迎える。ALOのメンバーについては直葉しかフォロー出来ていないし、シグルドは結局どうなったのかも分からずじまいなのは少し気になった。シグルドはもう少しフィーチャーしても良かったのではないかと思うが、須郷とキャラがかぶるしなあ……。ただ、このアニメで悪い奴、気に入らない奴を追放して終わりにするという手法は構成としてそれでいいのかなと考えさせられた。
                 

コメント

        

        
> > ソードアート・オンライン #25 世界の種子 (アニメ)